4

Pocket

スポンサーPR

 

北海道の日本海側にある積丹半島は、積丹ブルーって言われるほど、すごーく奇麗な海が広がっています。
岩場の海岸には奇岩が続き、中でもローソク岩は、積丹の有名な岩の1つです。
ローソク岩は形もさる事ながら、わんさかやってきたニシンのウロコが岩に重なり、本当にローソクのように光っていたからローソク岩という名前になったなんて話もあります。

 

 

『ローソク岩は、昔はもっと太かった。それがある日、ドッカンという音とともに、まっぷたつに割れてしまった。』とされています。
それが今日の北海道新聞に、ローソク岩の割れた年月日が1941年の7月と判明したという記事が載っていました。
事件が起こる前の年、1940年にマグネチュード7.5の地震が起こり、これが原因で岩に亀裂が入り、その1年後の7月に、岩は絶えられずに倒れてしまったというのです。

 

 

驚いた事に、割れる前の、まだ太っていた頃のローソク岩の写真も掲載されていたんです。

でも、さらに衝撃的だったのが、右の『今年壊れた部分』の写真。
今年崩れた部分?もっと細くなったの?!
思わず新聞に顔が近づいちゃう。
おお〜〜本当だ!先っちょが細くなってる!

積丹ローソク岩の歴史

 

 

そこで、数年前に旦那さんが写したローソク岩の写真を探してみました。
これは2012年9月の写真です。

ローソク岩

 

 

先の部分を拡大すると・・・
確かに、新聞の写真と同じ形です。

積丹ローソク岩

 

・・・・・・・・・・・・
ローソク岩には伝説があります。
昔、海の女神が人間の若者に兜と剣を渡し、赤い光を出す怪物の退治を頼みました。
その戦いの凄まじさに、とうとう若者は海に消えてしまいます。
けれど、若者は確かに、その剣で怪物を突き刺し、倒していました。
このローソク岩は、若者が怪物を突き刺した剣の握りの部分だったのです。
・・・・・・・・・・・・

 

 

だんだん細くなるローソク岩。
もしこの岩(剣)が、これ以上崩れたら、怪物が再びこの世にでてくるかもしれない。
どうか、このまま、立ち続けてくれますように。

積丹地図

 

 

2013年の神威岬(カムイみさき)の写真もありましたので。

カムイ岬

 

 

積丹 神威岬

 

 

積丹 神威岬

 

 

積丹地図

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

スポンサーPR

 

北海道の古平の昔話。

古平にはチョペタン川(チョピタン川)というの川が流れています。
そのチョペタンの傍に『運上屋(』うんじょうや)があったそうです。
『運上屋』とは、和人とアイヌの人たちとの交易所の事です。

 

 

ある日、運上屋の二ハ地蔵さんは、数の子(ニシンの卵)をしまっている蔵の中から、大量の数の子なくなっている事に気がつきました。
見ると、草を踏み分け歩いた足跡らしきものが残ってる。
ドロボウか!

 

 

それから数日したある日、またも蔵でガサゴソと音がするので行ってみると、間違いなく誰かが蔵に忍び込んだあとのようでした。
翌日、近所の人たちが集まり捜索開始。
見れば数の子が点々と川のほうに落ちています。
その跡をたどって川を渡り、草むらまで行ってみるとなんと、そこには熊が寝ていました。

 

 

「やべ!熊だべ! 」
そっと近づいてみたところ、なんか様子がおかしいんでないかい。
熊は息もたえだえです。

 

 

「こっちは大人数だ、縛っちまえ」
熊は縛られて運ばれましたが、途中で死んでしまったそうです。
その後、熊のお腹からは沢山の数の子がでてきました。
お腹いっぱい数の子を食べた熊は、そのあと水を飲んだ事で数の子が膨張し、死んだのではないかと言われています。

 

 

江戸から明治にかけての数の子の保存方法は干し数の子が一般的だったそうです。
塩数の子が作られるようになったのは、明治の終わり頃(明治30年代以降)になってから。
北海道の数の子が海を渡って本州に運ばれる事を考えると、このお話に登場したのは、干し数の子だったのではないかと想像しました。
干し数の子をお腹いっぱいの数の子を食べた熊が、水を飲んだとしたらもう、お腹の中はパンパンだべね。

 

 

北海道には、氷下魚(コマイ、カンカイとも言う)っていう魚の干したものがあってさ、その身をむしって一味マヨネーズを付けて食べたらまず美味しい珍味なんだわ。
これを食べ過ぎると、あとでお腹がパンパンになっちゃいます。
だから、この熊の気持ち、ちょっとわかるわ。

古平のトンネル

 

他にもある古平のページはこちらで

= 北海道の人気ブログランキングに挑戦中 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket