4

Pocket

 


叔母さんは、毎週、婆ちゃんにお線香をあげに来てくれます。
今日も、雪でツルツルの道を徒歩でやってきました。
お参りのあと、お茶をすすって、
「おばあちゃんは、まったく来ないねえ」と言いました。
叔母さんはおっとりした性格で、裏表のない自然体。
そのせいか、不思議な体験を色々しているらしいのです。

 

「ウチのお婆ちゃんがね亡くなったときあったでしょ。あのときはね、いきなりお爺さん(亡くなっている)が部屋のむこうから現れて、私の前を素通りしてね、お婆さんの方に行ったと思ったら、窓からスーっと抜けていったのよ」
叔母さんは、右手で左の上の方を指さしてから、その指を自分の前から右側に動かし、それから右上の窓と思われる方向に、スーっと一筆書きのような線を指で描きました。
それから、また湯のみ茶碗を両手で持って、ツツっとお茶を飲みました。
”そ、そうなんですか、お爺さんが迎えに来たのかもしれないですね・・・”

 

「弟が亡くなった時はね、紫の着物を来た子ども達がいっぱい現れて、グレーの洋服を着た弟が、子ども達を連れて行ったのが見えたしね」
!!
叔父さんは校長先生だったので、亡くなったあとでも、子ども達の傍にいたかったのかもしれない。
私は思わず、”色も見えるんですか?” と叔母さんに聞いてしまいました。
叔母さんは「ん、それがねー、見えるんだわ」ですと。

 

「そうそう、ほら、私の旦那さん、知ってるでしょ。まだ病院にいるときに家に来たのよ。私が夜寝ていたらね、丹前を着た姿でスーっと部屋に入ってきて、”仏壇にお参りに来た”って言うのよ。それから仏壇の中にスーって入っていったんだよ〜。まだ死ぬまえだよ」

 

私の想像の中で、亡くなられた叔父さまたちがやって来たときの情景が浮かびました。
ゾゾゾ・・・
「でもね、お婆ちゃん(うちの婆ちゃん)は、なーんにも出てこないの。きっと満足して逝ったんだね。私、そう思うわ」
叔母さんはそう言ってから、またまた、お茶をツツツーっと飲みました。

 

ここ数日、婆ちゃんは毎日のように私の夢の中夢に登場します。
けれどその姿はいつもの普段の婆ちゃんなので、何も怖いことはありません。
でも、もしそれが夢の中じゃなくて、叔母さまの話すような状況で見えてしまったら、私はびっくりこいて、もう一人じゃ仏壇の前には行けないかもしれない。

 

叔母さまの帰ったあと、湯のみ茶碗を洗いながら心の中で言いました。
『婆ちゃんだって、すっごい恐がりだったでしょ。だから現れるのは夢の中だけにしてよね』
婆ちゃんの遺影をチラリと見たら、
”どーすっかな〜” とニンマリしてました。

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

早いもので、気付けばもう婆ちゃんの初七日です。
お坊さまがいらっしゃる時間の随分早いうちから、ポツリポツリと親戚の方たちがやってきました。

 

婆ちゃん世代の親戚が集まることは今までにも色々な場面でありましたが、私はいつも裏方でした。
ソファにどっかと座った婆ちゃんと、おばさま達の会話はまるでスズメの学校のようで、
『ウチはもう大根どっさり漬けたよ』と言われれば、
婆ちゃんは『ウチなんかあれだも、粕漬けだべ、ブドウ漬けも漬けたも』
とか言ってみたり、
『嫁さんに買ってきてもらったこのシャツがあったかいのよ』と言われれば
『おらなんかあれだも、爺さんのズボン下履いてるも。こーれがあったかいも、ね、お母さん(私のこと)』とか言ってみたり。
そんな会話を私は台所でお茶をいれながら
” はいはい、そうです、ほほほ ” と、ときどき間の手を入れればよかったのです。

 

 

それがです。
婆ちゃんというバリケードがいなくなってしまい、親戚のおばさま達のやり取りは、直球で私にやってきます。
「どうもどうも ぽぷらちゃん ご苦労さんだね」
「いえいえ、どうぞ座って下さい」

お茶を注いでいるときは
シ〜〜〜ン

 

「お茶をどうぞ」
「いやいやどうもどうも。今、ヒザの病院行ってきたとこなのさ」
「そうですか、歩くのは大丈夫ですか?」
「ん大丈夫なんだけどね」
シ~~~ン
話が続きません。

 

 

いきなりこんな場面で婆ちゃんがいない不便さを感じてしまうことになるなんて。
以前は、朝に来れば夕方まで、なんだかんだと話をしていたおばさま達でしたが、今日は2時間もすると、
「それじゃあそろそろ失礼するわ」と一人、また一人と帰っていきました。

 

 

婆ちゃんがいれば、たとえニュースキャスターのことを『ニュースキャラクターって学があるんだべな』と言ったって、生鮮市場のことを『せいしん(精神)市場は安いもな』と言ったってその場の雰囲気は保たれていたし、さっき話した話題を三度繰り返したって、それはそれで、話が盛り上がっていました。

だから今日はなおさら、私は改めて婆ちゃんのいない空気の薄さを、おばさまたちは婆ちゃんのいない寂しさを、感じてしまったようでした。

 

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket